あなた自身のスクリーンルームの仕切りを作る

スクリーンルーム仕切りは、一般に、少なくとも3つのパネルで作られ、ジグザグパターンを作るためにヒンジを使用するものである。部屋のさまざまな領域を見たり、インテリアのアクセント部分としてスクリーンに表示します。恒久的な部屋の仕切り壁とは対照的に、スクリーンルーム仕切りは、部屋の周りを異なる場所に移動することができる。基本的な消耗品と、基本的な工具の操作方法に関する実践的な知識を使用して、スクリーンの仕切りを作ることができます。このデザインのために、合板に貼られたwainscotingとモールディングを使って、シックなシックなデザインにしましょう。

あなたは、ローカルのハードウェアストアにあなたのために適切なカットをするか、自分でそれを行うことができます。 4つのパネルすべてがまっすぐにカットされていることを確認してください。お互いの上に完全に収まるようにするために必要な切れ目のカットと同じです。

ステップ1 – カットを作る

Wainscotingをパネルの下部の前面と背面に取り付けます。液体の爪を使用し、乾燥時間を考慮してください。接着を強くするためにボードに圧力をかけることも良い考えです。お互いに積み重ねて、重いものを約1時間上に置きます。

ステップ2 – Wainscotingの添付

パネルのすべての端にトリムを置きます。精密切断を得るにはマイターソーを使用してください。木材の接着剤と仕上げの釘で取り付けます。 wainscotingの端の上に成形品を置き、それを仕上げます。

ステップ3 – トリム

白い塗料を使用してすべてのサーフェスをペイントします。パネルの両側のトリムとすべてのボードを均一に塗ります。乾燥時間を確保し、必要に応じて別のコートを加える。今すぐあなたはシックに見えるように細部を追加するようになります。あなたのアクセントペイントでぼかしを拭き取り、塗料に沿って明るい縞模様を描きます。ラインを垂直に保つ。色を重ねた場合は、きれいな布で拭いてください。アクセントの色と白のペイントを混在させて、ディメンションを追加することもできます。

ステップ4 – ペイント

4つのパネルすべての間にヒンジを取り付けます。ヒンジが開く方法を交互に確認してください。交替がなければ、あなたはジグザグしない直線の画面に終わるでしょう。あなたの画面がジグザグしないならば、直立したままではありません。

ステップ5 – ヒンジを取り付ける

スクリーンルームの仕切りを作ることは、芸術的なアウトレットになることができます。あなたは多くのマテリアルからあなたのスクリーンを作り、何でも使ってそれを飾ることができます。どの部屋にもスタイルと深みを加えることができます。あなたの想像力を利用し、スクリーンの仕切りを作る基本的なヒントを理解することで、可能性は無限に広がります。