オートバイエンジンの修理:コネクティングロッドとロッドベアリング

ロッドやベアリングの取り付けや交換が必要なモーターサイクルエンジンの修理に入ると、モーターの機能性が非常に重要になります。チャンバーが空気および燃料混合物から爆発すると、ロッドはピストンによって押し下げられる。ロッドは次にクランクシャフトを動かし、これがドライブシャフトに動力を供給して車両を前方に動かします。このシステムが破損したり、モーターが損傷したりしないように、ロッドとベアリングが正しく取り付けられていることを確認してください。

このタイプのバイクエンジン修理の最初の段階では、良いエンジン潤滑油を使用し、ロッドスリーブに挿入する前に適度にベアリングにこすりつけることが望ましいでしょう。潤滑油がいれば、ロッドカップリングの両側の端に滑り込ませて、カムシャフトに取り付けます。このカムは軽く潤滑され、エンジンの使用中に摩擦や磨耗を減らし、接触による重大な機械的故障を防ぐのに役立ちます。

ステップ1 – ベアリングの挿入とオイル塗布

この種のプロジェクトを行うことで、オートバイエンジンの修理を行う際に貴重な価値が得られます。ロッドカフまたはスリーブの上端をカムシャフトのスロットに置きます。定位置にいたら、ベアリングを適切に整列させて調整します。これは、チャンバー全体が開いている間に、これを行うのが最善です。なぜなら、いくつかのエンジンでは固定ボルトに到達するのが難しく、角度があるからです。手元にある仕事に最適な角度を見つけてください。

ステップ2 – ロッドをカムシャフトに配置する

このオートバイのエンジン修理の次のステップは、ロッドのカフの底を定位置に置くことです。ボルトを固定したときの損傷を防ぐためにベアリングが正しく整列されていることを確認してください。一番下の部品が取り付けられ、上下のベアリングがすべて正しく整列したら、固定ボルトを所定の位置に置きます。間違った部品が動作中に一連の誤動作を引き起こす可能性があるため、使用しているすべての部品が特定のエンジンモデル用に作られていることを確認してください。

ステップ3 – ボトムカフを取り付ける

このオートバイのエンジン修理は、すべてのピースを潤滑し、整列させ、ボルトで固定したら完了です。ネジを締めるほどのトルクでボルトを締め付けないようにしてください。締め付けボルトは締め付けすぎないように締め付けてください。ロッドは、爆発的な衝撃を受けているピストンの力から非常に迅速に押し出される。エンジンが正しく取り付けられていないと、エンジンの電源を入れると、ロッドが飛んでしまい、ピストンに穴を開けることさえあります。ロッドの上端はピストンに取り付けられ、完了すると発射室に供給される。

ステップ4 – ロッドを固定する