具体的なツールを持っている必要があります

あなたは、具体的な敷設を含む家庭改善プロジェクトのための基本的な具体的なツールセットを手にしたいと思うでしょう。ここに、基本的な必須ツールのリストがあります; Straightedgeツール

ストレートエッジは、アルミニウムまたはマグネシウムのような金属から作ることができる。 2×4の木材を使用することができるが、特に湿気に耐えるように圧力処理されていない場合には、木材が反る傾向がある。また、木製ストレートエッジは余分なコンクリートをすばやく溜めることができますが、多くの工事現場では、損傷したものを取り替えるために別のストレート材を拾い上げるのは簡単ですが、アルミニウムとマグネシウムは錆に強いため、彼らは木よりも軽く、弓や反りをしません。コンクリートスラブの斜面を簡単に測定できる、組み込みレベルの金属製のストレートエッジを探してください。

浮きは、平らな表面を滑らかにしたり、空隙がある部分を埋めるために使用されます。彼らは様々なサイズと形状で利用可能であり、しばしば水浸透が敷設されたコンクリートからブリードアウトするのを助けるために使用されます。ブルフロートはコンクリートの広い表面積を処理するために使用され、小さなハンドフロートはより小さな領域を処理するために使用されます。

最も一般的なフロートは、マグネシウム、アルミニウムまたは木でできています。広い表面積でのフロートの簡単な旋回または取り扱いを可能にするブラケットアセンブリと一緒に、ブルフロート用のハンドルを別個に購入する必要があるかもしれません。

フロアの後にスローブを使用してスラブを仕上げ、硬質のコンクリート表面を作ります。手すりは、開いたハンドルを備えたより薄いブレードを有することを除いて、手浮きと非常によく似ている。こては、ステンレス鋼、青鋼、高炭素鋼など、ほぼ独占的に鋼で作られています。

ほとんどの具体的な作業者は、さまざまなタイプの具体的なアプリケーションや設定に調整できる点で、幅広い種類のトローリングサイズが役立つことに同意しています。

エッジャーは、スムーズなジョイントを作成し、コンクリートスラブの外周をエッジにするために使用されます。彼らは、スラブをエッジの欠けや破損に抵抗させるために重要です。エッジャーはブロンズとスチールの両方が入っていますが、ブロンズ・エッジジャーはスチール・エッジジャーより重く高価です。

コンクリート労働者がコンクリートスラブ上を歩いてコンクリートを擦る必要がないように、フレゼノは長い延長ハンドルに置かれます。非常に大きなコンクリート表面を仕上げることができます;タンパーツール

あなたが具体的な打抜き作業をしているなら、タンパーは非常に貴重なツールです。これらのツールは、模様がコンクリートの中に押し込まれるときにコンクリートを押し下げ、裂けたり傷ついたりするのを防ぎます。コンクリートを使った広範な作業を行う人々にとっては、具体的な道具が必要です。コンクリートで作業する際には、さまざまなサイズの工具を購入して、多用途性と柔軟性を最大限に発揮させたいと考えています。