建築許可を得るべき時を知る

ほとんどの住宅所有者は建築許可の対象に夢中です。ただし、建築許可証を取得することは、特定の状況下で避けられない義務となります。建築許可証は、本質的に政府が承認した文書であり、特定の種類の提案、建設または改造を進めるための法的許可を含んでいます。建築許可証内の規則には、構造的/構造的制限が含まれています。これらは、住宅所有者と、契約者、デザイナー、配管業者のような改装/改修プロセスに関わるすべての事業体が従うべきです。建築許可は、指定された地方自治体または地方自治体当局に各地域ごとに登録されている建築基準で構成されています。

一般的な誤解は、あなたが新しい家を建てたり、別の物語をあなたの家に加えるような大きな建設をしている場合にのみ、建築許可証が必要であるということです。しかし、建築許可は国内リフォームにとっても同様に重要です。既存の建築物を改造する必要がある住宅改善プロジェクトでは、許可が必要な場合があります。

建築許可要件の理解

建築許可証を必要とする様々なタイプの家の改造ニーズに正確な定義を設定することは困難です。これは、すべての地域に異なる建築基準が設定されているため、規制に極端な地域差があるためです。しかし、家の改装を計画している場合は、通常建物の許可が必要な一般的な改装コンポーネントについて知っておく必要があります。本質的に、既存の建物を健全な変更を行うことを伴うすべての改造プロジェクトは、許可を必要とします。あなたの家を改造する場合、建物の既存の電気システムに大規模な改造が必要な場合は、一般的に許可が必要です。新しいバス、トイレ、またはシンクのような家内の設備の追加には、建物の許可が必要です。同様に、既存の壁に新しいウィンドウを追加するには、有効な許可が必要です。その他の一般的な例には、

建物の許可はいつ必要ですか?

個人的な居住空間に追加する際に建築許可を取得する必要性に関する広範な混乱があります。ビルディングコードは、住居の構造上の追加や、サイズや全体的な表示の輪郭の形での特定の制限を定めています。上記の測定値を超えると、住宅所有者は財産上の罰金を払う責任があります。そのような建築基準は訴えられません。しかし、何度も、定義された測定値を超えることがあります。このためには、正式な請求を地方自治体の組織に登録する必要があります。当局は、提案された構造の安全性の検討を評価し、建築許可証を発行する。この分野の最も一般的な例は、裏庭の倉庫などの独立した建物を追加することです。歩道、車道、スラブなどの外部の具体的な追加は、コード化された測定値を超えなければならない場合に限り、許可を必要とします。

在宅資格のための建築許可の理解

しかし、既存の建築物を改装する予定の場合は、通常、許可証は免除されます。これはキッチンキャビネットの例で最もよく理解できます。既存のキッチンキャビネットドアの外観を新しい木製のパネルやラミネートのレイヤーで改装する予定の場合は、許可は必要ありません。ただし、キャビネットの一部を台所の壁に沿って取り外し、排気システムを設置する予定の場合は、排気システムのサイズが許容限度に一致するように許可が必要です。同様に、床材/天井の覆い、絵/紙、タイルまたはカーペットや内装壁装飾のような他の改装要件は、建物の許可なしに実行することができます。

建築許可の混同を避ける