水分バリア

防湿バリアは、壁や床に水分が浸入するのを防止するのに役立つように設計された処理済みの紙または金属と定義されています。このタイプの障壁は、バスルームやキッチンなどの部屋を扱うときに重要な側面です。

水分バリアが必要なのはなぜですか?

余分な水分による多くの物品の損傷を防ぐには、防湿バリアが必要です。例えば、雨が降ると、家には多くの湿気障壁があり、その雨が損傷するのを防ぎます。これらの障壁の1つに、帯状疱疹が含まれる。屋根は損傷を受けて修理する必要があります;木材は水で腐敗し、腐敗して家に持ち込まれ、沈没します。それがそうすると、天井、乾式壁、そして下のものが壊れます。水分バリヤーを適切な場所に置くと、望ましくない水分から保護するのに役立ちます。

In Moisture Barriersを自分で入れることはできますか?

ほとんどの場合、屋根のような湿気障壁は、通常、それを自分で行うことができます。しかし、いくつかの事例では、自己完結型のプロジェクトが必ずしもそうではないことがあります。プロジェクトを開始する前に、開始する前にすべての詳細と影響を確認してください。