測定ツールとテクニック

教育者およびプロのフリーライターとして、Laurie Bloomfieldは語学教育の修士号を取得しています。彼女の出版物のポートフォリオには、家庭の改善を含むさまざまなテーマに関する何百もの記事が含まれています。自分自身でプロジェクトや造園を行い、財務、育児、教育も行います。彼女は伝統的なものから現代的なものまで、印刷物とデジタルの両方の形式で高品質の記事を提供しています。

DIYプロジェクト、修理作業、メンテナンス作業にかかわらず、アクティビティに測定が含まれる場合は、精度が重要です。測定の精度は、プロジェクトの成功に影響することがあります。適切な測定ツールを使用し、正しく使用することが重要です。 DIYプロジェクトでは、いくつかのタイプの測定ツールを使用します。ツールボックスに必要なすべての測定装置が含まれていることを確認してください。

引っ込めることのできるテープメジャー

これは、ハウジング内にばね装置を内蔵した一般的なツールです。この機構により、工具は自動的に測定テープを後退させることができます。また、測定用テープを固定するロックボタンが付いています。テープの寸法は、一般に6フィートから35フィート、幅は1/4インチから1/1/4インチまでの長さがあります。ほとんどの家庭用DIYプロジェクトでは、基本的な16フィートのテープが必要ですが、25フィートのテープは工芸や配管作業に役立ちます。テープの端にあるフックブレードは前後にスライドし、内側と外側の両方の測定で正確になるようにします。テープメジャーを引っ込めるときは、フックブレードが損傷しないようにゆっくりと反らせるようにしてください。これは、正確な測定を行う能力に影響する可能性があります。

超音波測定装置

これらのツールは、1人のユーザーが何の助けもなしに100フィートまでの距離を測定できるようにする、テープレスのデジタルデバイスです。彼らはしばしば面積と体積を決定するための計算機と測定メモリ機能を備えています。

フォールディングルール

折りたたみ式のルーラーは、通常、6〜8インチの木製またはスチール製の長さで作られています。長さを測定するためにツールを展開できるようにするスプリング機構によって結合されています。一部には、囲まれた領域の長さを決定するための拡張スライドが含まれています。

ラインレベル

ラインレベルは、長距離にわたってレベルをチェックするために使用され、パティオの舗装や吊り天井タイルのような物を設置するための効率的なツールになります。このツールには、あるポイントから別のポイントに伸びるストリングがあり、そのポイント間の正確な高さを判断できます。

測定車輪

このツールは、長い外部測定値を決定するために使用され、10000フィートまでの距離で使用できます。車輪、ハンドル、走行距離計があります。ツールは、カウンタをゼロに戻すプッシュボタンのタッチによってリセットされます。これは、一般に、4〜25インチの範囲の直径で利用可能である。測定ホイールには、テレスコピックハンドル、ギア生成カウンター、さまざまなトレッド材、キャリングケースなどのオプションがあります。

フレーミングスクエア

キャリパーズ

このL字形の工具は、大工またはラフターの四角形とも呼ばれ、一般的には階段上のストリンガーのマーキングや垂木の敷設に使用されます。正方形を決定する必要のあるプロジェクトで使用できます。また、デバイスの2つの辺の長さのそれぞれに印刷されたルーラーマーキングもあります。

キャリパーは、モデルの測定値を作業中のピースに転送するために使用されます。ツールには、ピボットに接続された2つの曲がった金属片があります。ピボットは調整可能で、金属片の間隔を変更することができます。キャリパーは、パイプの内径を測定するのに有効なツールです。プラスチックの代わりにスチールやアルミニウム製のものを確認してください。プラスチック製キャリパーの方が安いかもしれませんが、鋼製のものは長く続きます。

これらのツールは、円柱形のオブジェクトの内径と外径の測定値を決定します。ダイヤルは1/64インチまで正確に測定されます。メトリックモデルも利用可能です。

スタッドファインダは、乾式壁の後ろのスタッドの位置を決定するために使用されます。スタッドがどこにあるかを知ることで、壁掛けをはるかに簡単に掛けることができます。これらのデバイスは、磁気および電子バージョンで利用できます。電子ファインダは、壁の密度を決定することによってスタッドを位置決めする。磁気ファインダは、スタッド内の金属材料を検出する。 AC電圧、電気配線、および配管用のスタッドファインダーがさらに複雑になっています。 AC電流を検出する機能を備えたスタッドファインダーは、壁の後ろで熱い配線を見つけるのに役立ちます。これにより、壁のアイテムを正しい場所にぶら下げるための穴をあけることができます。

このツールは、アイテムがバイアルバブル機能によってレベルが上がっているかどうかを判断します。気泡がバイアルの中央に位置すると、アイテムは水平になります。ほとんどのモデルは2〜4フィートの長さで、金属製の拘束具を備えた木製のプラスチック製です。家庭用のツールボックスには、アイテムを吊り、壁や床をチェックするために、少なくとも2インチの大工のレベルが必要です。あなたは、あなたのツールが水平であることを知っている表面上に置くことによって、あなたのツールが適切に測定していることを保証することができます。バイアルを点検するとき、バブルは真ん中に座っているはずです。

ダイヤルキャリパー

スタッドファインダー

大工のレベル

レーザレベルがレベル基準線を決定するために使用される。これはアートワークを掛けたりタイルを敷くための優れたツールです。オプション機能にはグラフィックディスプレイとプリセット角度測定が含まれます。一部のモデルでは、デバイスの使用をさらに容易にするマウントデバイスが提供されています。

レーザーレベル

トピック